眼精疲労の種類|不等像性眼精疲労

 

眼精疲労のうち、不等像性眼精疲労とは、裸眼の時の左右の視力が異なる時に発生します。物を見る時には左右の目から入った二つの映像を捉えて一つの画像として認識します。しかし、右と左の視力の差が大きく、片方が極端な近視や遠視、乱視などであった場合、画像の融合がうまくいかなくなるので、片方の目に負担がかかってしまいます。その結果眼精疲労が起こり、疲れ目や頭痛、肩こりなどの症状が出ることがあります。
不等像性眼精疲労は、度数が合わないコンタクトレンズやメガネを利用している場合にも起こることがあります。目のピントを合わせるには、取り込んだ光の屈折によって調節しているのですが、これを屈折度数と言い、単位はD、マイナスは近視、プラスは遠視で表示されています。左右の屈折度数を比較した時に、その差が2D以上ある時は不等像性眼精疲労を起こす可能性が高くなります。不同視がひどくなると、読書がしづらい、吐き気もよおす、空間がゆがんでいる感じがするなど、生活をするうえでも不具合が生じてきます。屈折度数は眼科の検査で確認できるので、日頃から眼精疲労が気になり、検査の結果左右の屈折度数の差が開いていた時には、眼科医の指導のもとで、メガネやコンタクトを利用して矯正をしたり、適切な治療を施したりして回復を図ることになります。