VDT症候群とは

 

VDT症候群は、別名「テクノストレス眼症」ともよばれており、「Visual(ビジュアル)」 「Display(ディスプレイ)」「Terminal(ターミナル)」の頭文字をとって名付けられました。仕事場や家庭で、長時間パソコンなどのディスプレイを使用して、精神的疲労や身体的疲労を慢性的に感じている人をVDT症候群と呼びます。具体的な症状は疲れ目やドライアイなどの目の症状、肩こり、頭痛、吐き気などの目以外の身体的な症状まで多岐にわたっています。疲労感や無気力、不眠などのメンタル面に不快で深刻な症状が強く出る人たちも数多くいます。
厚生労働省はVDT症候群の増加に注目し、ディスプレイを使った作業ガイドラインを定めて、労働者の休憩の取り方や労働環境の整備を強く企業に働きかけています。
仕事でディスプレイを使用して自覚症状がある場合は、1時間の作業につき、10分程度の休息をこころがけ、長時間同じ体勢をとらずに適度にストレッチなどの体操をして体を意識的に動かすように気を付けます。エアコンによる部屋の乾燥も、目に悪影響を及ぼしますので、適度な湿度を保つようにし、ディスプレイと目の間の距離を40cm以上あけるようにします。それでも眼精疲労をはじめとする不快な症状が改善しない場合は、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。