その食生活が眼精疲労の元だった

 

様々な現代病がありますが、眼精疲労もその一つとして社会に認識されつつあります。仕事などでパソコンを使ったり、普段の生活でも携帯やスマートフォンを使っていることが多く、目を使いすぎている現状がありますので、目が疲れてしまうのも仕方ない事ではあります。

 

その一方で、食事に関しても気をつけていく必要があります。ビタミン不足でも目の疲れが溜まりやすくなりますので、積極的にこれらを含んだ食材を食べるようにしましょう。ほうれん草やニンジン、レバーやチーズなど普段からも食べる食材に含まれています。それにビタミンB1も眼精疲労によって使いすぎた視神経の伝達機能を回復させてくれます。豆腐やいわし、豚肉なども身近な食材ですから、外食でも自炊でも、自分が食べる食材にもっと気を使っていきましょう。

 

多忙になってくると、食生活などもあまり気を使わなくなってしまうことがよくあります。ただでさえ疲れている目も栄養不足になると回復する事もできずにさらに酷使され続けて酷い眼精疲労へと発展していってしまいます。自分の体を作るのは日々の食事ですから、ビタミン不足やミネラル不足にならないようにもっと食べるものにも気を使ってみて下さい。